材質について

インプラント

インプラント治療は新宿でもポピュラーとなっています。インプラントの素材としてはチタンが人気です。チタンは生体親和性が高いのが人気の理由です。生体アレルギー反応を起こす例も非常に少ないために、最も優れた材料とされています。インプラント治療は安全に行えます。麻酔が十分に効いている状態で行われるので、痛みも全く感じないです。たとえ少しでも麻酔のきが悪いと感じた場合でも、追加の麻酔を行えて痛みを消すことが可能です。普通の歯料治療を経験した方ならこの治療は問題なく受けられます。インプラント治療は手術ですが、十分我慢できる範囲にあります。インプラントが埋入されたところは縫合を行います。この縫合は歯周病の手術等で歯料医師が頻々に行っている縫合と同じです。

手術後の流れを考える

新宿でインプラント治療を受ける際には、手術後の抜糸を考えます。通常抜糸は手術後から約1から2週間後となります。その間に数回は、消毒のために歯科医院に行く場合もあります。手術後の経過は人によって異なっていて、傷口の治り方も異なります。場合によっては複数回の消毒が必要な場こともあります。手術から抜糸までの間に旅行などの日程がないようにするのも大切です。1から2週間後の抜糸は基本的に麻酔を使用せずに行えます。インプラント治療は十分な基礎知識と技術を持っている医師が行えば、非常に安全性の高い手術です。インブラント治療をする時は、信頼できる歯科医院を見つけるのが大切になります。

手術前の検査

インプラントを新宿の歯科医院で埋入する前には、顎の骨の形態をしっかり把握する必要があります。そのために使用するのがCTスキャンです。CTスキャンの撮影を行うことにより、顎の骨の形態を三次元的にしっかりと確認できます。体の中にインプラントという異物を埋め込む手術を行う前には、しっかりとした検査が必要になります。こうした手術は通常、歯料治療以上に清潔に行う必要があります。使われるインプラント体はとても清潔に保たれていて、メーカーによって完全滅菌されています。使用する寸前に開封してインプラントを取り出すので、衛生面で安心できます。この治療は歯のない場所に人工の歯を入れます。インプラントを植立する際には、顎の骨を切ったりします。顎の骨が大きく不足している場合には、骨の移植なども行われます。通常の歯科医院の治療と異なり、外科的な処理をするのがこの治療法の大きく特徴となっています。こうした外科的な手術によって、歯の咀嚼を短時間で回復できるのがこの治療法の人気の理由となっています。